秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

TOHOKU_LIFE
北海道から沖縄まで、日本には34個(?)の国立公園があります。秋田にも一つだけ!秋田、青森、岩手にまたがる「 十和田八幡平国立公園 」。とっても広いですが、その中の一部に行ってきましたので、紹介させて頂きます。なんだか世俗との関わりが経たれたような場所でした。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

日本には34個(←単位があっているのかは謎)の国立公園があります。国立公園というと、知床とか阿蘇とか、南アルプスとか・・そのあたりがぱっと思いつくのでは?と思いますが、実は秋田にも国立公園があるんです!

十和田八幡平国立公園

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい
環境省より画像をお借りしております

地図を見てもらえばお分かりになる通り、左側が十和田湖周辺のエリア。有名な奥入瀬渓谷も国立公園内に入っております。右側の地図が秋田・岩手にまたがる山や高原台地。ちなみに以前紹介した、憧れの温泉地ランキング第一位の乳頭温泉郷にある鶴の湯温泉もこのエリアにあります。

鶴の湯温泉

TOHOKU_LIFE 乳頭温泉郷に行こう!と決めた時、真っ先に思いついたことが、 鶴の湯温泉 に行くことでした。最近やけにTVで見ることが多い気がします。先日もヒルナンデス!で阿佐ヶ谷姉妹が行ってましたね。乳頭温泉と言えば、まずはここ[…]

今回私は、先ほどの地図、右側(岩手・秋田にまたがっている方)の左上あたり「玉川温泉」と書いてあるところに行きました。(右だの左だの出てきすぎてわかりにくいですね・・)

日本地図でいうとこのあたり。岩手寄りの秋田県です。ここがいかにも国立公園感があるところでしたので、ご紹介いたします。

アクセス

まずはアクセスです。湯治場で有名な「玉川温泉」を目指せばOK!この玉川温泉については別の記事で紹介しております。

玉川温泉・新玉川温泉についてはこちら

TOHOKU_LIFE なんだか独特でものすごい温泉に出会ってしまいました。仙北市にある「 新玉川温泉 」です。私が好きな温泉の泉質は、美人の湯と呼ばれるようなアルカリ性の泉質なんですが、こちらの温泉は真逆!!!強酸性の泉質です。これも[…]

公共交通機関でも行けます!秋田新幹線田沢湖駅から羽後交通バス「(急行)玉川線」を利用して、玉川温泉で下車。所要時間は約75分です。1日7便程度運行されております。まぁ車の運転に自信がなければ、バスが無難・・・と思ってしまうような山道を通っていきます。また、冬季期間中は自家用車NGです。冬季に行きたい場合は、この路線バスに乗っていくことになります。

十和田八幡平国立公園 内玉川自然研究路

火山活動が今なお続いているこちらの場所。玉川自然研究路という一周約30分のコースが整備されているので、散策が可能です。
この日は残念ながら天気があまりよくなかったです。でも雲の隙間からうっすらと太陽がでており余計に雰囲気が・・・世紀末ですね。火山活動が続いているため、いたるところで煙がモクモクとしております。ちゃんと道が整備されておりますが、なんだか怖い。実際にこの道を外れると危険だそうです。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

日本三大零地の一つである川原毛地獄でも、世紀末感があふれておりました。

川原毛地獄

TOHOKU_LIFE 泥湯温泉に行ったからには、日本三大霊地の一つである 川原毛地獄 (かわらげじごく)にもぜひ行ってほしいです。山の中に突然現れる真っ白い空間・・。私が行った時には人もあまりおらず、異世界さMAX!!!硫黄の匂いも漂[…]

道の横には川が流れております。なぜか黄色っぽい川。これは硫黄分を含む源泉が流れているからだそうです。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

綺麗ですけど、やっぱりちょっと・・怖い。異世界感というか終末感というか・・。なかなか普通に生活をしていると見ることができない景色です。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

湯沢市にある小安峡大噴湯でも煙がモクモクとしておりましたが、あちらはなんとなく爽やかさがありました。しかし!こちらは若干の気味悪さ・・・

小安峡大噴湯

TOHOKU_LIFE 川原毛地獄の次は、 小安峡大噴湯 (おやすきょうだいふんとう)へ。普段から湯沢市に来ることがあまりないので、予定を詰め込みました。川原毛地獄と同様、こちらもモクモクと煙がでている不思議なところです。ただ、川原毛地[…]

このようにブクブクしているところも見ることができます。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

これを大噴(おおぶき)というらしく、温泉が大量に噴き出しているところのようです。その量毎分9000リットル!大量すぎて想像できませんね。
さてどんどん進みます。煙やばくないですか?

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

この煙、身体に悪そうかと思いきや、そうでもないようで、、、

蒸気に含まれる微量の硫化水素ガスの吸入により、気道の繊毛を刺激し、粘膜の再生を促進させて、気管支炎や風邪、喘息などに効果があります。 源泉付近の散策や岩盤の利用により蒸気吸入の効果が得られます。
玉川温泉HPより引用

だそうです。なんだか意外ですね。

こういった箇所がいくつもあり、ゴ――――――ッと轟音とともに煙が噴き出しており、本当に怖いです。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

さて、下記写真中央あたりにテントのような、小屋のようなものが見えてきました。なんとこちら、岩盤浴ができるんです!

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい

この中で岩盤浴が可能です。

岩盤浴をするためのゴザやタオル等の貸し出しは行っていないため、自分で準備が必要です。売店でも販売しておりますので、購入することは可能です。

こちらの小屋の中ではもちろん、小屋の中以外のそのへんでも岩盤浴が可能です。実際歩いている途中、寝っ転がっている人を何人も見ました。今まで紹介した写真の中にも、よー--く見ると座っている人や寝転んでる人がうつりこんでいる写真があります。わかりますでしょうか!?お時間がある方、じっくり見てみてくださいね。
私は時間がなくてできませんでしたが、地面を触ってみると、温かい・・!次こそは絶対やるぞ!と思い泣く泣くこちらを後にしました。
先ほどは黄色っぽい川が流れていましたが、こちらはミルクっぽい川が・・・。

秋田、岩手、青森の3県にまたがる 十和田八幡平国立公園 の迫力がすごい
TOHOKU_LIFE
さすが国立公園!という感じの異空間さですね。私がなぜここに行ったかというと、湯治で有名な玉川温泉・新玉川温泉が目的地でした。下調べなく行ったので、野外での岩盤浴をすることはできませんでしたが、とっても良い温泉でしたので、これはまた別の記事で紹介をさせていただきますね。

合わせて読みたい

新玉川温泉

TOHOKU_LIFE なんだか独特でものすごい温泉に出会ってしまいました。仙北市にある「 新玉川温泉 」です。私が好きな温泉の泉質は、美人の湯と呼ばれるようなアルカリ性の泉質なんですが、こちらの温泉は真逆!!!強酸性の泉質です。これも[…]

 

同じく国立公園内の温泉地

TOHOKU_LIFE 憧れの温泉地ランキング、三年連続第一位の 乳頭温泉郷 。私も先日初めて行ってきました。今まで行ったどの温泉よりも風情があり、肌がツルツルになってとても満足。私は秋田県内に住んでいるので車で行きましたが、こんな秘境[…]

 

タイミングが合えば行く途中で見ることができます

TOHOKU_LIFE まるで海外にいるみたい!というような景色を、秋田県でもまれに見ることができます。その中の一つが 玉川の水没林 。エメラルドグリーンの湖の中から木が生えているような、なんとも神秘的な光景です。5月下旬~6月中旬が見[…]

秋田県内のおすすめ温泉宿まとめ

TOHOKU_LIFE コロナ禍もあり、秋田からあまり出られない時期に、秋田県内の 温泉宿 に結構行きました。どこもおすすめできるのでぜひ行って頂きたいです。どんどん追加していきますので、秋田旅行の参考にしていただけると嬉しいです。何を[…]

秋田県内客室風呂がついている温泉宿まとめ

TOHOKU_LIFE ここ最近は旅行に関して割引クーポンがあることが多いので、普段なら泊まることがないような、ちょっと贅沢なお部屋に泊まるようにしております。中でも贅沢だと思うのが、客室にお風呂がついているお部屋。私は結構お風呂に入る[…]

Follow me